カードローンの返済のコツ

カードローンの返済のコツとしては、金利を把握する事です。

一括払い、リボ払いの分割払い等の支払い方法がありますが。
一括払いはその名の通り、支払日に一回で返済しきるものなので、金利はつきません。

しかしカードローンを組む時は大抵分割で購入する事が多いと思います、その時に活用するのが
リボ払いという毎月定額払いのシステムです。

これは限度枠内で買物しても、支払日に払うのが一定額で良いという支払方法になります。
例えるならば、20万の買物をしても、支払日は1万円の支払いだけで良いという感じになりますから、大きな
買物をしても、月々の支払負担額が少なくて済むという方法になります。

ただし、金利が付きますので、20万の年利が15%と仮定すると、年間に3万円金利だけで払う事になります。
月々にすると2500円の金利払いです、という事は先ほどの例だと、1万円支払の中身は金利2500円と返済額が7500円という
事になります。

もちろん元金が減ればそれに応じて、金利も減っていくのですが、元金が中々減り辛い上に
長期で支払う程金利総額が大きくなってしまいます。

これはカードローンでありがちですが、月々の負担が楽なので、金利支払いに目が行かなくなりやすいのです。
さらに追加でカードローンを組めば借り入れが大きくなり、さらに金利が支払分が上乗せです、でも、一定額の支払いなので
それほど負担を感じずに、長期で金利を払い続けて、借入れ金が減っていかないという事になりがちです。

ですから、カードローンでの買い物は追加の買物には注意する事と、時折、借入金をゼロにして、金利を払わなくするのが
返済していくコツになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする