カードローンの限度額

一般的な貸金業者のカードローンは、総量規制によって、ある程度規制がかかってしまいますが、銀行系のカードローンの場合、基本的には、借り入れを希望する人の就業場所や、その収入等によって決定されることがほとんどです。

一度でも信用情報機関に事故情報の記載等がある人の場合は、社会的な信用を失ってしまっているので、借り入れが認可されることはなかなか難しくなってしまいます。

それでは、どういった人がカードローンの限度額をより高く設定できるのか。それは、会社の経営者や、公務員等、収入が比較的安定している職業の人が高く設定されることになります。
さらには、その勤務年数や、役職によってもカードローンの限度額評価が変わってきたりします。

このように安定した収入がある正社員等であればいいのですが、フリーターのように収入が安定しないと一般的に評価される職業についていると、社会的信用は低くなってしまいます。

しかしながら、その他の方法で社会的な信用を高くする方法があります。どういった方法かというと、その銀行で定額預金をしていることや、給与の振込先に指定している等があげられます。
これは実際にお金がどのように入ってきて、どのように出ていくのかを銀行側が明瞭に判断することができ、その運用の仕方次第では信用評価が高くなることが多いです。

逆に限度額が低くなってしまう点としては、貸金業者からの借り入れが多い場合です。

支払いに遅滞があったりすると、当然、信用評価は低くなりますので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする