カードローンの歴史

カードローンの歴史が始まったのは1970年頃のことです。
1970年に銀行などで、キャッシングディスペンサーというものが設置されるようになりました。
キャッシングディスペンサーとは、現金自動貸出機です。
カードローンを利用するときはこれを用いて現金を引き出します。

1980年頃になると、銀行以外の消費者金融が次々とキャッシングディスペンサーの設置とカードの発行を開始し、カードでお金が借りれるようになり、借りる時の手間が省けるようになったので、消費者金融の事業が拡大していきました。

1990年代に入ると、キャッシングディスペンサーに入金するという機能が付いたATMが出現し、これにより消費者金融の店舗に人員が居る必要が無くなり、無人店舗が急増しました。
これにより、人員にかかる経費が不要になったので消費者金融の店舗が大量に増えました。

2000年を過ぎた頃から、銀行や信用金庫でもATMが利用できるようになり、近年ではコンビニでも利用が可能となり、身近なところでカードローンの利用が可能となりました。

カードローンの歴史はまだ浅いと言えますが、そのわずかな歴史を振り返るだけでもよりたくさんの方がカードローンを使用できるようにとの様々な工夫が見られます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする