借りる前に読む!カードローン情報

カードローンを初めて利用する場合は、まずカードローンを利用する目的と返済計画・返済めどを明確にしておくことが重要です。

例えば、給料日目前とか、次回の給料で全額返済が可能というのであれば、初回借入から30日程度の期間、利息が発生しない、無利息特約付きのカードローンが他の条件を比較するまでもなく、最上の選択となります。

また、どうしても急ぎでお金が必要な場合は、申込後直ぐに審査が完了する即日審査が可能なキャッシングや契約完了後に即座に融資を受けられる、即日融資が可能なキャッシングが、それほど急ぎではないので低金利なキャッシングが望ましい場合には、銀行カードローンが、それぞれベストチョイスとなるでしょう。

いま自分に何が必要なのかを的確に把握することでカードローン商品を正しく選択する事が出来るのです。

その他、数あるカードローン商品の中から自分に合った商品を選ぶポイントとして最も重視すべきなのはやはり金利です。

例え、0.1%でも金利が安いカードローンを選ぶ事は、総支払額を節約する上で大変重要なポイントとなります。

なお、あなたの借入希望額が100万円以下なら、ほぼ間違いなく上限金利が設定されますので、金利を比較する場合は、上限金利で比較する事が重要です。

例)キャッシング・カードローンの上限金利

三菱東京UFJ銀行カードローン ⇒ 14.6%
オリックス銀行カードローン ⇒ 17.8%
プロミス ⇒ 上限金利:17.8%
アコム ⇒ 上限金利18%

ただし、金利は基本的に契約時の限度額で決定されますので、たとえ50万円以下の利用しか予定がなくても300万円の限度額で契約できるなら、限度額300万円を基準とした金利が適用されます。

限度額300万円で契約が可能で、借入実績が必要なのであれば、300万円を一端借り入れて250万円を即返済してしまうというのも金利を節約し、総支払額を抑えるのに大変有効です。

個人的には、最短30分の即日審査で、即日融資も可能な上に、金利も安い、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」か初回30日間が無利息となるプロミス辺りが無難かつオススメです。

関連情報:プロミス

そしてカードローンを選ぶ上で重要なもう1つのポイントは、「利用可能なATMの台数が多い」ということです。

自社ATMや提携銀行ATM等様々な種類のATMがありますが、最も重視すべきは、コンビニATMが使えるかどうかです。
現代社会において、コンビニエンスストアほど生活に密着した商業施設はなく、カードが使用可能な提携ATMに「セブン銀行」や「Enet」等、コンビニ設置ATMが含まれていれば、利用するにあたって困る様な事は殆どありません。

ただ利息制限法の改正により、キャッシング用カードやカードローンが何処のATMでも無料で利用出来るという環境ではなくなってしまいました。

生活圏にあるコンビニのATMでどこのキャッシングやカードローンなら無料で利用出来るのかを事前に確認して申し込む先を選定する事も重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする